大食一族 久遠の詩 俺屍リメイクプレイ記

俺屍リメイクをプレイします。スマホからカテゴリーを表示する場合、お手数ですがPC表示でご覧下さい

男の記憶②

目を覚ましても、現実と夢が混濁することが明らかに増えた。

家族が帰ってきている夢。一緒に食事を摂る夢。そこには父や姉もいて、娘や妹たちが菓子を取り合っている。買ってきてもらったの、と菓子包を抱きしめる夢の頭を、笑って撫でる父。穏やかな笑顔を見て、ああこの人はこんな顔も出来たのかとぼんやり思い、手元の椀を傾けて、汁を啜ったところで目が覚めた。天井はぐにゃぐにゃと歪み、あいも変わらず息がうまく吸えない。眼球だけを動かし、障子の向こうで燦々と照る太陽を見る。花が咲く季節だというのに、体は芯から冷え切っていた。そうしてまた、目を閉じる。滑り落ちるように、意識が沈んでいく。

目の前に鬼がいる。骨の大蛇がこちらを睨んでいる。自分は動けない。きりえの悲鳴、もみじの咆哮、肉体を裂く強烈な痛み。バラバラになる四肢を上から眺め、ああ死んだのかと思ったところで目が覚める。

そんなことを、もう何日も繰り返していた。

イツ花は、本当に甲斐甲斐しく世話を焼いてくれた。訓練の内容を伝えると、小町もそれをしっかりと受け入れていたようで、日に日に逞しくなる顔つきに、いよいよ自分が最期であるということを突きつけられる気がした。成長を喜ぶべきであるのに、胸に走る痛みと、呼吸ができない苦しさ、食べたものを嚥下できない不快感と嘔吐感に、全てが塗り潰されていく。

こぽっ、と、胃の中がまたひっくり返る。枕元の桶に胃液すら吐ききったあと、そのまま体を支えることができず、ずるりと布団に伏せる。

家族が帰ってくるまで、生きておきたかった、と。

そう思った。

***

 

自分が呻く声を、どこか違うところで聞いている感覚があった。だめだよ、まだ来ては。君はこちらに来られる力がある。でも、君にはまだ、やるべきことがあるから。大丈夫、もうすこし。さぁ。水を風が渡る音が聞こえた。何も、見えなかった。

 

***

 

もう何日も眠っていた気がする。起きているはずだが、何の声も聞こえない。自分の目が開いているのか、閉じているのかわからない。呼吸はできているのか、それとも止まっているのか。自分の咳き込む音が、またどこか遠くて聞こえた気がして、それに引っ張られるように光を感じた。そこに、イツ花の声が重なる。しかし当主様、と呼ばれたあとは、ほとんど聞き取れなかった。ぼんやりと、小町の影が見える。

ああ、駄目だ。

滑り落ちていく。

体には、もうどこにも力が入らない。せめて指輪を託さなければと思うのに、指先ひとつ満足に動かず、硬直してしまったかのように固まっていた。

息を吸い込んだとき、大きな影が、手を握った。それだけ、辛うじて、わかった。

光に、鮮やかな赤が混ざる。

 

ああ、小町、すまない。

指輪を取ってくれ。かつて、自分がそうしたように。

待てなくて、すまないと、みんなに伝えてくれ。

声を出したつもりだった。つよく、手を握られたような気がした。自分の体が、布団の上にないような感覚。目を開いているはずなのに、見えるのは赤い影と、太陽の光だ。もはや、なにも確かなことはなかった。

痛みで息を吐き出しきれない。もう一度、息を吸って、なんとか絞り出す。

これが最期。

最期だ。

「……小町、覚えて、おきなさい。皆にも、伝えて、くれ」

進んだ先にしか、道はない。その道は、どこを選んでも、正しい。死神がはっきりと見えたあの時でさえ、道は前にしかなかった。

「……後退っても、道はない。全員で…まえ、に」

掴んだ手が、指輪を抜き取っていったのが、はっきりとわかった。安堵の息を、ゆっくりと吐く。

 

吐ききっても、もう、痛みはなかった。

男の記憶①

息を吐き出しながら、月録帳を閉じた。風が抜け、頬を撫でていく。障子が、かたかたと音を立てて揺れた。

ずいぶんゆっくり呼吸をしているはずなのに、それでも胸に走る痛みに、思わず顔が歪む。痛む箇所を掻き毟りながら、じわりと滲んだ油汗を、手のひらで押さえた。

八月以降、書くことのなかった月録。あのあと、ずいぶん家族と話すことが増えたことを、痛みの中で思い返す。

二人が、僕のことを信じてついてきてくれたこと。二人が、何を思いどう感じていたか。二人がどうしたいか。討伐記録や月録ではなく、それが自分にとっての判断材料に変わっていったのは、この時が境だったか。きっと、たくさんの当主たちが当たり前にやってきたことに、死にかけてようやく気づいたというのは、情けない話だ。

目を閉じた。討伐に送り出した家族の顔を、はっきりと思い出す。必ず強くなって帰ってきます、と宣言していたのは、妹の子。家族を守れるようになります、と言っていたのは娘。全員で帰ってくるから、と声を揃えた弟妹。また、障子に風が当たり、音が鳴った。外を見れば、小町がイツ花の前で舞を披露している。イツ花の笑い声と小町の歌が、風に乗って耳に届いた。およそ戦場には似つかわしくない、踊り屋という職業。鬼とどういう風に戦うのかを、結局想像することしか出来ない歯痒さが、胸に落ちる。

娘を迎え、家族たちの子を迎え、全員が揃えば、自分がいなくなるのはまぁ、道理というものだ。今際の際の父がそうであったように、いつものように、いなくなる。そう思えば、自分が病を患うのも納得がいく。しかしやはり、今頃になって命を惜しむ気持ちがあるのも事実で、それもまた、情けなく思う。

ふと、風が凪いだようだった。聞こえていた歌も、障子の音も、木々のざわめきも、何も耳に届かない。背中にびたりと張り付いた死神の気配を、急に色濃く感じて、胸を押さえた。

息の吸い方がわからないような痛みに、膝の力が抜ける。そのまま体が崩れ落ちたとき、反射で机についた手が、なにかを触った。床に頬をぶつけたとき、ばさりと音を立てて、触れた月録が落ちてきた。全く、最期までどうしようもない。すこしだけ、笑った。

 

***

 

咳き込むたび、体が軋む。

それでも、生に縋り付くように、食事を摂った。喉につかえ、飲み込めなくなっても、たとえ粥でも。どんなときでも、胃に物を入れ続けた。

イツ花は、踊り屋がわからない僕よりもずっと、小町のことをよく見てやっているようだった。当主としての仕事を、結果任せなくてはいけない情けなさが、頭を支配している。

けれどふと、情けない気持ちごと書き記しておくのもいいかもしれない、そんな思いが湧いた。

小さな書き物机の上は、イツ花が枕元に置いてくれたものだ。ゆっくりと、手を伸ばす。

硯で墨をすろうとして、しかし、手は震えて力が入らない。何度握っても、墨は落ちていく。筆を握りこむこともできない。七月のあのときよりもずっと、死神の存在を近く感じる。

息が漏れた。胸が痛んだ。

ただ、それだけだった。

 

***

 

食事を摂ったあとの怠さが、日に日に増していく。食事を摂ることが辛くなる日が来たのか、と思ったとき、最期のそのとき、お腹が空いたと粥を食べた姉上殿の強さを実感した。

同じ髪の色だからだろうか、何となく姉上殿の面影を残す小町は、本当に、よく喋った。

自分が踊り屋になれて嬉しいこと。女の子三人は初めてだとイツ花に言われて嬉しかったこと。僕のことを心配していること。ご飯はそれでもおいしいこと。よく笑い、わかりやすくしょげ、よく眠った。寝顔は、もみじによく似ていた。

そうして、日増しに弱る体と裏腹に、生への執着が強くなっていく。

もっと。

娘たちと話をして。

もっと。

家族と話しをして。

もっと。

イツ花と話をして。

できることなら見届けたいと思っていた全てが、指先から溢れていくようだった。

 

起き上がれなくなるまで、結局、月の半分も掛からなかった。

 

男の記録

一〇二四年 二月 討伐前

当主に就任。討伐記録とは別に、月録をつけることにした。こうして状況を書き記しておくことが、この先、決断する場面で判断材料になればと思う。

過去の記録を確認。討伐先と目標を設定した。

紅蓮の祠の奥には、他のものより奉納点を多く蓄えた鬼がいることを、前当主から聞いている。一刻も早く呪いを解くためには、あまり手段を選んではいられないのではないか。

 

一〇二四年 四月 討伐前

迷宮の中で、月を跨いだ。姉上殿の調子が悪い。あの中で延長の決断をしたこと、悔いているわけではない。しかし、最善の行動だったかと聞かれれば、自分の見識が足りなかったと、今になって思う。こんこんと眠り、動かない姉上殿をイツ花に任せ、討伐に向かう。先に進まなければ。僕にできることは、全てやらなくては。皆の能力を確認。きりえにも、何かが必要だ。

 

一〇二四年 五月 討伐後

初めて行く迷宮で術の巻物を入手。あの人魚が使う水の術は、弱い者が受ければひとたまりもないだろう。あの迷宮に姉上殿や前当主が足を踏み入れなかった理由が分かった。戦果は上々だった。先に進める確信を得た。「どの道も間違っていない」なら、やはり僕は、先に進むべきであるのだろう。一族の悲願成就のために。

 

一〇二四年 六月 討伐前

夏にしか出現しない迷宮。目標は三つだ。先々月、先月と、順調に目標を達成している。今進まずして、いつ進む。今月は、順調に行軍が可能かどうか見極める。

 

一〇二四年 八月 交神前

ようやく筆が持てるようになった。

飯の味が分かる。

何度も夢を見た。

生きていること、そして家族が生きていたことに安堵した。

今月は討伐が難しいだろう。イツ花の、あの申し訳なさそうな表情を思い出す。

もう一度、記録を辿ろう。もう一度、考えよう。

僕は誰に何を頼り、何をすべきだったのかを。